大腸内視鏡を試してみる

大腸は大変大事な機関ですが、こういったものを得調べるには内視鏡を活用してみるということもひとつの手として押えておいて下さい。実際、こういった物を試してみるとソレまででは解らなかった病気も解るようになってきますからこれから病気を調べるといった際には是非ともポイントとして押さえておきましょう。実際、内視鏡を病院で受ける際には保険も効きますからおすすめできます。それとともにこういった検査は思わぬ病気もわかりますから、しっかりと試しておくとよいでしょう。検査の頻度も半年に一回程度やれば大変効率的に病気が判断できるということもあり、是非とも試してみて欲しいことです。特に胃腸が弱いという際には適切に行っておくことでより思わぬ病気にかかるということを減らしていく事が出来ますから、しっかりと知っておいてください。

罹患率が増加中なので受診すべき大腸の内視鏡検査

日本人の2人に1人ががんに罹り、3人に1人ががんで死亡する時代ですが、中でも、胃がんががん罹患率のトップとはいえ、定期健診による早期発見、早期治療の効果で胃がんの死亡数が減少傾向となっています。一方で、野菜不足と肉食増加が主因と言われる大腸がんの死亡数が着実に増加していて、既に肺がん以上に死亡数の増加割合が目立つので、高齢になるに従って罹患率の高まる傾向があることを他人事と考えずに大腸の内視鏡検査を1、2年に1回は受けた方がベターです。直腸から盲腸まで内視鏡を動かしながら腸内検査をするために検査前日から腸内を洗浄する準備が必要で、前夜は早めに消化の良い食事をし、検査当日は大量の水を飲んで腸内を洗浄する作業を受けなければなりません。検査は20分程度で終わり、検査中に痛みを感じることは殆どないので、目の前で映し出されるテレビモニターの腸内画像を見ながら医師の解説を聞いていれば終わります。今のところ、肛門から挿入する方法が一般的ですが、内視鏡を小型化して口から飲み込んで検査する方法も実用化されたので、今後、普及することが期待されます。

大腸の内視鏡検査について

2年前に便の際に出血が見られて、心配になり大腸がんの検査を受けました。便を提出して血液が混ざっているかどうか調べてもらったところ、陽性で大腸の内視鏡をとる事にしました。2週間前に予約を入れて、話を受けました。食事制限などが細かく指示されました。3日前から食べて良いものを指定されて、前日には絶食で、検査当日は午前中に検査予定でしたが、その何時間前には便を出すための薬が入った水を何リットルも飲む必要があり、最終的には水が出る感じになりました。実際にカメラを入れる際には痛みは少しあるのですが、腸の中をどんどん長い管が押し進んでいくのがわかり、その際に痛みが生じました。結果的にはポリープが見つかり2つ切除しました。電気を流してその場で切除してもらったのですが痛みはなかったです。費用は2万5千ほどかかりました。

最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    • カテゴリーなし