バイアグラ 使用上の注意

服用するときは、十分な水(コップ1杯以上)で飲んでください。

2.あらかじめ問診の際に、持病・アレルギーなどの体質、現在使用中の薬の有無を医師に報告してください。

3.過去にこの薬で過敏症状がおこったことのある人、硝酸剤(しょうさんざい)あるいは一酸化窒素供与剤(いっさんかちっそきょうよざい)(ニトログリセリン、亜硝酸(あしょうさん)アミル、硝酸イソソルビドなどの内服剤、外用剤、注射剤)、ニコランジル製剤・ニプラジロール製剤・抗不整脈剤(ジソピラミド製剤)・塩酸アミオダロン製剤を使用している人、心臓や血管に障害のある人、重い肝機能障害や低血圧症(収縮期血圧90mmHg以下、拡張期血圧50mmHg以下)の人、治療によって管理が行われていない高血圧症(安静時収縮期血圧170mmHg以上、または安静時拡張期血圧100mmHg以上)の人、脳梗塞(のうこうそく)や脳出血・心筋梗塞(しんきんこうそく)などが最近6か月以内におこった人、網膜色素変性症(もうまくしきそへんせいしょう)のある人などには、この薬は使用できません。

4.重い腎(じん)障害、肝障害、陰茎に構造上の欠陥のある人、多系統萎縮症、持続性勃起症の素因(鎌状赤血球性貧血(かまじょうせっけっきゅうせいひんけつ)、多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ)、白血病など)のある人、勃起不全でほかの薬を使用している人、降圧剤やカルペリチド製剤、塩酸タムスロシン製剤・ナフトピジル製剤を使用中の人、外科的処置を受けた人、出血性の病気または消化性潰瘍(かいよう)のある人、65歳以上の高齢者などは、思わぬ副作用がおこることもあるので、使用にあたっては十分な注意が必要です。

5.めまいや視覚障害がおこることがあるので、この薬を使用中は、車の運転や高所での作業などには十分注意してください。

6.ほかの薬を使用する必要が生じたときは、必ず医師に相談してください。

7.この薬を用いての性行為は、無理のないようにしてください。また、パートナーにはこの薬を服用していることを伝えてください。

8.この薬は治療剤ですが、生活の質を改善することを目的としている性質上、公的な保険の対象外となっています。したがって、医師の処方は必要ですが、費用は全額自己負担となります。また、これにかかわる検査費、診療費も全額自己負担となります。

 

最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    • カテゴリーなし