バイアグラの効果

薬です。性的な気分を引き起こすことや、精液の量を増やす効果はなく、あくまで陰茎の勃起に効果のある薬です。 バイアグラは、その安全性の高さと症状改善効果から〝夢の新薬〟と呼ばれることもあるように、今では世界的に最もスタンダードなED治療薬として広く処方されています。 しかし、バイアグラは、あくまで一時的に症状を改善させる効果しかなく、EDの原因を根本的に治す治療薬ではありません。 勃起とは陰茎海綿体の血液増加によっておこる陰茎(ペニス)膨張のことです。 通常、男性のペニスは性的興奮や刺激を受けると陰茎海綿体の平滑筋が弛緩するため、大量の血液が陰茎内へと流れ込み勃起症状を起こします。 しかし、ED患者のペニスは、平滑筋の弛緩機能と深く関わっている物質(cGMP)が少ない(cGMPを分解してしまう酵素【PDE-5】の分泌量が多いことが原因と考えられている)ため、勃起に必要な血液が陰茎に充満せず、その結果、勃起症状が見られなかったり、勃起してもすぐに萎えてしまう勃起障害が起こっていると考えられています。 バイアグラは、狭心症の治療薬として開発が進められていましたが、薬を服用した患者の一部に異常勃起(予期せぬ副作用)の症状が見られたため、ED治療薬としての研究開発に切り替えられたといった経緯があります。

その後、バイアグラの有効成分である〝シルデナフィル〟には、陰茎海綿体に存在する酵素【PDE-5】を阻害し、平滑筋の弛緩機能が低下しないよう働きかける作用があることが判明しました。 ED治療薬としてのバイアグラは、偶然の産物として生まれた新薬ですが、医学的に正常な勃起を促すメカニズムが証明されたバイアグラは、今まで行われていた既存のED治療とは異なり、幅広い患者(加齢・生活習慣病・神経系の障害等によって生じているを思われるED)に100%ではありませんが、効果が得られるとして期待されています。 1998年に米国で発売(日本国内では翌年の3月23日)されて以来、バイアグラは世界中で処方され、信頼と実績を積み重ねてきた結果、その高い改善効果と安全性により、今では最もポピュラーなED治療薬として認識されていますが、残念ながらバイアグラはすべてのED患者に効果を発揮する万能薬ではありません。 1998年に米国で発売(日本国内では翌年の3月23日)されて以来、バイアグラは世界中で処方され、信頼と実績を積み重ねてきた結果、その高い改善効果と安全性により、今では最もポピュラーなED治療薬として認識されていますが、残念ながらバイアグラはすべてのED患者に効果を発揮する万能薬ではありません。 ペニスは性的刺激により陰茎海綿体の平滑筋が弛緩し、大量の血液が陰茎内へと流れ込むことで勃起しますが、バイアグラはあくまで平滑筋の弛緩機能の低下を招く物質(酵素)をブロックすることにあるので、この一連の機能に問題がある人に対しては効果がないことになります。

最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    • カテゴリーなし